財務顧問サービス

こんなお悩みありませんか

  • 資金繰りが不安定で、将来の資金予測が難しい
  • 金融機関から融資を受けたいが、税理士が相談に乗ってくれない
  • 補助金等も活用したいが、制度や申請の仕方が分からない
  • 赤字体質から脱却できず、どんな手を打てばよいか分からない
  • 年度計画(予算)は立てるが、達成できたことがない
  • 経営その他の様々な問題についてもう少し深く相談したい

財務顧問とは?

多くの大企業には、CEO(最高経営責任者)の他に、CFO(最高財務責任者≒財務担当役員)という役職があります。CFOは単なる経理部長とは異なり、経営のレベルで財務的観点から経営上の意思決定に関与する役割を担っています。

一方、中小企業においては、社歴の長い金庫番的な番頭さんがいらっしゃる会社様もありますが、多くの場合、その役割を担う(財務の観点からの経営判断を行える)リソース(人材)が欠けているのが実情です。

そこでその役割を、中小企業にとって最も身近なブレインである顧問税理士に期待したいところですが、残念ながら、その役割を果たせている会計事務所はほとんどありませんし、その能力も持ち合わせていないのではないでしょうか。

本来は極めて重要であるにも拘わらず不在となっている「CFO としての役割」を社外からカバーし、お客様企業の財務の健全化を図り、また、黒字経営実現の後押しをしてくことを目的に、当事務所は「財務顧問サービス」をご提供しております。

財務顧問サービスの内容

向こう1年の損益・資金繰り予測と対策の検討

創業1年目でない限り、過年度の実績は存在し、それは将来を予測するための重要な基礎となります。当事務所は、独自の算定モデルにより、お客様の「直近の事業の状況」に「過去の実績データ」を加味することにより、向こう1年間の「月次損益の予測」と「月次資金繰りの予測」を行います。

これにより、損益改善や資金的な手当ての必要性を早期に認識することができ、打ち手の検討を先手・先手で行うことが可能となります。

融資・補助金・その他資金調達のアドバイス、検討サポート

資金繰りの予測を踏まえ、金融機関からの借入れの必要が生じた際には、利用できる制度の検討、金融機関の選択、借入のための準備等についてアドバイスを行います。
また、補助金の活用の可能性についても検討いたします。

単年度経営計画(予算)の策定支援

しっかりとした意思を持った事業計画(予算)を立て、地道に実行していくことが黒字経営・健全経営の基本であり第一歩です。当事務所は、お客様の実情を勘案し、一定程度の目標や頑張りを加味しつつ、リアリティ(現実味)のある単年度の月次損益計画の策定を支援します。「会計事務所が勝手に作った計画」とならないよう、社員一人ひとりが自分事として主体性をもって計画実現に取り組めるよう、社長に加えて社員の皆様と議論しながら共に作って参ります。

単年度経営計画のモニタリング、実行支援

事業計画(予算)は作って終わりではありません。その達成のためにどんな行動が必要か、それは実際に出来ているかなど、少なくとも月1回のペースで検証が必要です。これを疎かにする企業は往々にして予算をクリアすることが出来ません。赤字脱却といった目標も未達に終わるでしょう。

当事務所は、計画の達成に向けて、外部から後押しをさせていただくと共に、必要に応じて、必要な施策実行のサポートをさせていただきます。

経営・事業運営全般に関するより深いアドバイス

「会計・税務顧問サービス」では概括的な経営アドバイスにとどまりますが、中小企業のCFO の役割を外部からカバーする「財務顧問サービス」においては、事業運営全般(調達・製造・販売・店舗運営・人事労務・財務など)について、社長様とのより突っ込んだ議論を通じて、経営判断に資するアドバイス・示唆をご提供いたします。また、相続・事業承継やM&A についてもご相談に乗ることが可能です。

定期的なご訪問

「財務顧問サービス」のご提供は、定期的にお客様の事業所を訪問し、社長や社員の方々と対面で協議をさせていただきながら進めて参ります。訪問の頻度は、隔月(年6回)プランと毎月(年12回)プランをご用意しており、お客様のニーズに合わせてご選択が可能です。隔月(年6回)プランでご訪問しない月も、WEB ミーティングや電話、当事務所にお越しいただいてのご面談により、切れ目なくディスカッションやアドバイスを継続させていただきます。

岡本貴志公認会計士事務所の
「会計・税務顧問サービス」+ 「財務顧問サービ ス」によるトータルサポート

トータルサポート トータルサポート

財務顧問サービスを活用するメリット

  • 1年先までの損益、資金の予測ができ、安心感が持てる
  • 先が見えるため、損益改善や資金調達などの打ち手の検討に早めに着手できる
  • 将来予測は毎月アップデートされるため、悪化の兆候などを早めに察知できる
  • 金融機関の目線・審査のポイントが分かり、融資をスムーズに受けられるようになる
  • 「計画(予算)の策定」と「必達に向けての努力」で経営のメリハリが生まれる
  • 計画策定に従業員を巻き込むことで、一人ひとりの主体性・モチベーションを引き出せる
  • 黒字経営或いはより高い目標達成のために、何をすべきかが整理される
  • 良いサイクルで経営が回り出し、どんどん成長・発展する
  • 多方面に専門性を持つ公認会計士・税理士を相手により深い経営相談ができる
お客様の「安定的な事業運営」「持続的な成長・発展」を実現するため、当事務所では、この「財務顧問サービス」を「会計・税務顧問サービス」と併用してご利用いただくことをお勧めしております。(併用割引あり)

顧問税理士の変更を予定していない企業様については、「財務顧問サービス」のみのご利用も可能です。

料金

月額20,000 円(税込み22,000 円)から(「会計・税務顧問サービス」と併用の場合)
よくあるご質問