税務・経営顧問サービス

こんなお悩みありませんか

  • 税理士に記帳代行を依頼しているが対応が遅い
  • 会計事務所が月次試算表を持ってくるが、どう解釈してよいか分からない
  • 過去数値の説明に終始し、今後どうすべきかのアドバイスがない
  • 決算がどのように着地しそうか、納税額はどの程度になりそうかの事前の連絡がない
  • 経営その他の相談にも乗って欲しいが、税務申告以外は全くの門外漢のようだ
  • 税理士(会計事務所)が経営に役立つ存在とはとても思えない
  • 赤字体質から脱却できず、どんな手を打てばよいか分からない
  • 年度計画(予算)は立てるが、達成できたことがない

岡本貴志公認会計士事務所の税務・経営顧問サービス

月次レビューの迅速かつ丁寧な対応はもちろん、未来を見据えたアドバイスでお客様の安定的な会社経営をサポートいたします。

中小企業と言えども、期中より自社の財務状況をしっかりと見つめ、都度、必要な手を打っていく必要があります。年度末になって税理士に記帳と決算をまとめて依頼し、初めて自社の損益が分かったということでは、まるで会社経営の体を成していないと言わざるを得ません。

この点、多くの中小企業は、専門的で煩雑 という理由で、自社の経理業務(特に記帳業務)を会計事務所などの外部に安易に委託しがちです。創業間もない企業や社長お一人の会社様においては、こうした専門外のそして煩わしい記帳業務を会計事務所などに外注し、本業に専念するメリットは大きいと言えます。しかし、いつまでもその体制では、会社の成長・発展は残念ながら望めません。


当事務所では、お客様の「自計化」を前提として、黒字経営の実現を全面サポートしております。


当事務所の税務・経営顧問サービスは、お客様企業による会計ソフトへの入力(自計化)を前提とし、毎月、記帳結果のレビュー、修正のアドバイスを行います。加えて、単年度経営計画(予算)の策定に始まり、月次決算に基づく定期的な業績管理と目標達成に向けた打ち手の検討・アドバイスを含み、お客様の黒字経営と持続的な成長・発展の実現に向けた全面的なサポート業務パッケージです。

含まれるサービス

  • 「自計化」の導入支援、記帳サポート
  • 毎月の記帳結果のレビュー、修正のアドバイス
  • 月次決算に基づく会計数値・財務分析結果のご説明とアドバイス
  • 四半期ごとの業績検討会の実施
  • 早期の決算着地見込みと納税額の予測、決算対策の検討・アドバイス
  • 単年度経営計画(予算)の策定支援
  • 目標達成に向けた業績のモニタリング、打ち手の検討、実行支援(黒字化サポート)
  • 経営・事業運営全般に関するアドバイス
  • 電話・メール等による日常的なご相談
  • 毎月のご訪問

「自計化」の導入支援、記帳サポート

自計化に初めて取り組まれるお客様には、会計ソフトの導入から、各種設定、操作方法、個別の仕訳入力方法などを丁寧にご指導いたします。

月次での処理方法に迷わないよう、お客様ごとに業務処理マニュアルを作成しご提供させていただきます。

毎月の記帳結果のレビュー、修正のアドバイス

お客様が実施された会計処理をレビューし、仕訳や消費税区分の妥当性をチェックいたします。日常的な会計・税務相談を通じて、お客様の自計化能力の向上を後押しします。

月次決算に基づく会計数値・財務分析結果のご説明とアドバイス

月次試算表は単なる過去情報であると軽視してはいけません。そこにはこれでの経営の実態が数値として表れており、経営者として直視しなければなりません。しかし、一般的な会計事務所の説明は、過去の結果の説明に終始し、「今後どうすべきか」という視点が欠けているのが通常です。

当事務所では、月次試算表から問題点を読み解き、対処すべき課題を提起し、取るべき対策・打ち手について早期に協議させていただきます。

四半期ごとの業績検討会の実施

上記のような月次ルーティンに加え、四半期(3か月)ごとに、社長を交えて、改めて業績の振り返りと今後の方向性についてのディスカッションを行います。

早期の決算着地見込みと納税額の予測、決算対策の検討・アドバイス

12か月の事業年度のうち、(3分の2である)8か月、或いは(4分の3である)9か月も過ぎれば、過去の損益の趨勢から、その期の決算の着地予想が可能です。しかしながら、こうした決算の予測と納税額の見込みをお客様にお伝えせず、決算日を過ぎてから、ひどい場合は申告期限間際になって税額をお客様に通知するといった会計事務所もあるようです。それではお客様側でも計画的な資金繰りもままなりません。

当事務所では、早めの決算着地予想・納税見込額の伝達を心掛けております。その上で、決算に向けての必要な対策を協議させていただきます。

単年度経営計画(予算)の策定支援

しっかりとした意思を持った事業計画(予算)を立て、地道に実行していくことが黒字経営・健全経営の基本であり第一歩です。当事務所は、お客様の実情を勘案し、一定程度の目標や頑張りを加味しつつ、リアリティ(現実味)のある単年度の月次損益計画の策定を支援します。「会計事務所が勝手に作った計画」とならないよう、社長(及び社員一人ひとり)が自分事として主体性をもって計画実現に取り組めるよう、社長と(場合によっては社員の皆様と)議論しながら共に作って参ります。

目標達成に向けた業績のモニタリング、打ち手の検討、実行支援(黒字化サポート)

事業計画(予算)は作って終わりではありません。目標の達成のためにどんな行動が必要か、それは実際に出来ているか など、少なくとも月1回のペースで検証が必要です。これを疎かにする企業は往々にして予算をクリアすることが出来ません。赤字脱却といった目標も未達に終わるでしょう。

当事務所は、目標(予算)の達成に向けて、外部から後押しをさせていただくと共に、必要に応じて、必要な施策実行のサポートをさせていただきます。

経営・事業運営全般に関するアドバイス

会計や税務に関する事項のみならず、採算管理、人事労務、IT、不動産、事業承継、M&Aなど幅広い領域についてご相談いただけます。コンサルタントでもある代表の岡本貴志が、その経験・スキルを総動員させ、お客様の経営課題に正面から向き合います。

電話・メール等による日常的なご相談

会計処理や税務面で疑問が生じた場合、或いは、経営上のご相談がある場合は、電話・メール等でお気軽にご相談いただけます。(特に回数制限、時間制限等は設けておりません。)

毎月のご訪問

原則として毎月ご訪問させていただきます。但し、遠方のお客様やリモート対応をご希望されるお客様につきましては、ご訪問の頻度については個別にご相談させていただきます。

一般的な税務顧問サービスとの違い

一般的な税務顧問サービス 岡本貴志公認会計士事務所の
会計・税務顧問サービス

経営に関する概括的なアドバイス
財務分析に基づくアドバイス
(数値から読み取れる課題の提案と対策の検討)
決算の着地見込と納税額の予測に基づくアドバイス
記帳代行又はレビュー
月次試算表の説明
会計ソフトに関するアドバイス
決算・申告


無駄な定期訪問や資料提供


記帳代行又はレビュー
月次試算表の説明
会計ソフトに関するアドバイス
決算・申告
ニーズに合った頻度でのご訪問
チャット・WEBミーティング・電話等による
効率的なコミュニケーション

be Forward-Looking
過去の振り返りにとどまらず、
未来を見据えたアドバイスを実施します

当事務所の「税務・経営顧問サービス」をご利用になるメリット

  • 専門知識がなくても「自計化」ができるようになる
  • 「自計化」により自社の財務状況がリアルタイムで把握できるようになり、適切な経営判断がタイムリーに行える
  • 決算の着地予測や納税額の見込みについて早めに把握でき、節税などの対策を取る時間的余裕も生まれる
  • 決算書が読めるようになり、より経営に対する感度が高まる
  • 金融機関の目線・審査のポイントが分かり、融資をスムーズに受けられるようになる
  • 多方面に専門性を持つ公認会計士・税理士を相手に経営相談ができる
  • 良いサイクルで経営が回り出し、どんどん成長・発展する

料金

法人のお客様・個人のお客様 共通

月額35,000円(税込み38,500円)より
新規ご契約特別割引きバナー
よくあるご質問

「税務・経営顧問サービス」に経営アドバイスが含まれるとありますが、どんなことがご相談できますか?

経営管理から、人事、IT、不動産、事業承継、M&Aなど幅広く対応可能です。


税金、財務のことはもちろん、採算管理、人事労務、IT、不動産、事業承継、M&Aなど幅広い領域でご相談に乗ることが可能です。コンサルタントでもある代表の岡本貴志が、その経験とスキルを総動員させて、お客様の経営課題に正面から向き合います。


ご相談を経て、より深いアドバイスや具体的な実行段階に入る場合には、当事務所が提供する特定の専門サービスのご利用をご案内しております。

会計ソフトは何を使っていますか?

当事務所では株式会社TKC(以下「TKC」といいます。)のシステムを採用しており、TKCが提供する各種会計ソフトに対応しております。


会計事務所が どのベンダーのシステムをどのような理由で選択し採用するか、それは会計事務所の経営方針そのものと言えます。


当事務所は、①お客様企業の「自計化」の推進、②経営計画の策定、③月次決算、④毎月の業績管理に基づく黒字経営サポート 等を基本業務「税務・経営顧問サービス」と位置づけ、すべてのお客様にご提供しております。この点、複数のシステムベンダーの中で、こうした当事務所の基本業務を的確に遂行できるシステムはTKCに限られます。また、TKCの自計化システム、そして当事務所が提供する経営支援によりお客様企業をより強くすることが出来ると確信しております。


既にTKC以外の会計ソフトで自計化されている会社様については、TKCへの変更をご検討いただいております。


会計ソフトの変更は、改めて操作に慣れていただく必要があるため とかく敬遠されがちです。しかし、重要なのは、会計ソフトの操作に慣れているかどうかではなく、如何に税理士・会計事務所を活用するかです。長期的な視点で、また、当事務所を上手くご活用いただくという観点でご判断いただければ幸いです。